cachette

溢れ出したとき用

思ってること色々

ロスるほどヴァレンティンとモリーナに会ったわけじゃないのでたぶんロスってるわけではないと思う。

ただ今思うのはわたしが観てきたのはヴァレンティンとモリーナであって大倉忠義ではなかったんだなと言うこと。

今まで大倉くんが演技のお仕事をするたびその姿を観てきたとは思うけどどこかに大倉忠義がいたし、それが色んな感情を持つ結果につながっていたんだと思う。

でも蜘蛛女のキスを観に行ったわたしは純粋にヴァレンティンとモリーナの世界にトリップしていた。

普段からインスピレーションとフィーリングで生きているような人間なので色んなことを深く考察したことはないけれどその世界に入り込むのは得意なので帰ってからしばらくはブエノスアイレスのあの刑務所の中をわたしの魂がフワフワと行ったり来たりしてた気がする。

ヴァレンティンとモリーナの周りを。

 

わたしは蜘蛛女のキスを観に行く前、大倉くんを観に行く感覚だったのにグローブ座には大倉忠義という人間はいなくて代わりにヴァレンティンとモリーナがいた。

この約3週間、特にわたしが蜘蛛女のキスを観に行ってから不思議な感じだった。

たまにテレビをつけるとアイドルしているヴァレンティンみたいな髭を生やした大倉くんがいてなんでか戸惑っていた。

ツイッターを覗けばその大倉くんをキャプチャした画像を添付したツイートに【ヴァレンティン…】となっているのを目にすることも多くなおさら戸惑う。

わたしが観ているのはヴァレンティンなのか大倉忠義なのか…

少数派だとは思う、その戸惑いから脱却するために大倉くんには早く髭をそってできたら髪型も変えてほしい。

 

大倉くんに言いたいことがある。

今回、大倉くんが蜘蛛女のキスに主演したからわたしはん十年ぶりに舞台を観ることになった。

舞台は正直苦手だった…

でも自担のソロのお仕事を逃すわけには行かなくて…

結果会いに行ったはずの大倉忠義にも会えずわたしは【また蜘蛛女のキスが見たい!別の舞台も見たい !】という思いだけを胸に帰ってきたのだから…

蜘蛛女のキスを再演するか、また素敵な舞台に立ってほしいと!

 

それにしても…ロスとも言えないこの気持ちは何なのだろう。

しばらくはこの気持ちを抱えて生きていくんだろな。

 

蜘蛛女のキスを観て来ました

昨日、6月9日わたしは蜘蛛女のキスを観にグローブ座に行ってきました。

正直にいいます。

わたしは舞台というものがあまり得意ではありませんでした。

ジャニーズの舞台は二十歳の頃ミュージカルを一度見たきり…

大倉くんの出演していたSHOCKやDREAM BOYS、滝沢演舞城などはDVDで見ていますがとにかく進んで行こうかなとは思ってなかったのでチケット運に恵まれず生で観る機会はありませんでした。

でも、今回は大倉くんの初主演舞台…

どうしても観たくて、素敵な女神さまに拾われその機会に恵まれました。

 

 

舞台を観終えたわたしはとにかく胸がいっぱいでした。

こみ上げてくるものを必死に抑え電車に乗ったのを覚えています。

周りから見たらきっと挙動不審だったと思います。

舞台は切なくて哀しくて…そういうお話でしたのでこの表現が正しいかわかりませんがわたしは幸せな時間を過ごせたと思っています。

舞台というのはびっくりするくらい演者さんの熱量を肌で心で感じられるものだとはじめて知りました。

そんなに近い席ではなかったですが息づかいも感じられたように思います。

もう、何年も大人として生きていますがまだ知らない世界があったんだと知りました。

蜘蛛女のキスをまた観たい。

それだけじゃなくてもっと色んな舞台も観てみたいと思いました。

 

大倉くんのヴァレンティンは原作のイメージとは違ったけれどとても人間味のある愛くるしいヴァレンティンでした。

いっけいさんのモリーナはとにかく可愛くて可愛くて…

 

舞台上にはヴァレンティンとモリーナが存在していて大倉くんに会えたのはカテコだけでしたがその大倉くんは精悍で充実しているように見えてとてもいい表情をしていました。

いい経験をしているからこそ、ですよね。

めちゃくちゃいい男の顔でした。

 

こうして蜘蛛女のキスのことを思い出しながらブログを記しているとやっぱりわたしは幸せな時間を過ごせたんだなと改めて思っています。

あと残り10公演、かな?

ますます研ぎ澄まされステキな舞台になると信じています。

 

 

さて、わたしは一足先に気持ちを切り替えてアルバムやツアーに想いを馳せておこうと思います。

じゃないと残り数日、もう一度観たくてずっとカレンダーとスマホと公演スケジュールを見つめてそうだから(^^ゞ

今夜はラジオもあるし、ね。

 

 

 

 

 

蜘蛛女のキス 初日

おはようございます。

昨日は蜘蛛女のキスの初日の幕が上がりました。

ステキな舞台だったようで…

わたしがグローブ座に行けるのはまだ先ですが楽しみにしたいと思います。

 

大倉くんてそのポテンシャル、いつもどこに隠してるんですかね。

なんだろう、ひょうひょうとしすぎていますよね。 

でも最近は聞き出し上手な高橋優くんのおかげで色んなお話をしてくれるので薄っすら考えていた事の答え合わせができて嬉しい限りです。

 昨夜もメトロックのことや舞台の初日の感想を色々語ってくれて聞いていて楽しかったです。

先週までの大倉くんと昨夜の大倉くんの声のトーンが全然違ってやっぱり舞台のお稽古って大変なんだなってしみじみ思いました。

 

昨夜聞いていてあー、良かったって思えたのは「また舞台がやりたい」って言ってくれたこと。

わたしは欲張りなのでできたらドラマとか映画とか映像のお仕事のがいいんです。見たいときに見られるし…舞台はチケット争奪戦に勝たないと見られないのでね。

それにどうしても舞台期間はお稽古期間も含めて色々拘束されてしまうから…

だけど大倉くんにとって苦手だったはずの舞台が楽しいと思えたってことはすごいことだなぁって。

俄然その舞台を見られることが楽しみで楽しみで仕方ありません。 

自分では全滅してしまった舞台でしたが優しいお友達に声をかけてもらって…

その一回を大事に大事にしたいと思ってます。

 

問題は舞台を見終えたわたしが人として機能するかどうかなんですけど

その後の予定も目白押しっぽいので…

舞台が済んだらアルバムと疾風ロンド発売…そしてそれから20日もしないうちに札幌初日ですもんね。

夏の大型音楽番組もあるみたいだし…

楽しみがいっぱいですね。

 

あー、元気でいなくちゃね(笑)

 

大倉くん、最後まで突っ走ってくださいね!

もちろん、すでに折り返しまで来たジレッタの横山くんも今日初日を迎える安田くんも…

そして、舞台組の3人を支えてくれているであろう4人も!

 

全員揃った最高で最強の関ジャニ∞に会えることがわたしの1番の楽しみなのでその日を楽しみにわたしも日々頑張ります!

 

 

コメンタリーのこと

人生自分の描く未来予想図のまま進めるなんてありえないけどだからこそそこから色々学び経験を重ね、楽しいことをそして幸せを見つけられるんじゃないかと思うわけで、少し上手く行かないからといってこの先全てが台無しになるわけじゃない。それをいい方に変えるのも悪い方に進んでしまうのも自分の意識なんじゃないかと思うわけです。

思う通りになることばかりじゃないけど、そんな悪いことばかりな世の中じゃないよ。

ちょっと探したらそこに楽しいこと、幸せはすぐそばにあるんだよ、と思うのです。

 

わけのわからないことをつらつらと書いてしまいましたがわたしは今その幸せを見つけました。

エイタメBlu-rayの特典ディスクにそれは詰まっていました。

そう!ビジュアルコメンタリー!

三十路を過ぎたおっさんたちがこたつを囲み、食事をしつつ自分たちが最高にキラキラ輝いている映像を適当かつ的確なコメントをしつつ見ている姿を永遠と見聞きできる…

なんて素晴らしい特典映像なんでしょう。

 

くらまるのくだらないキャッキャした会話

それを当たり前のBGMにしか感じてない他のメンバー

すばるくんのボス感

横山さんのお父さん感

気遣いの塊の亮ちゃん

梅干しのパッケージを開けられないひなちゃん

それを介護する安田くん

 

わたしはいったいなにを見せられたんだろう。

でもでももっともっとこれを見たくなるのはなぜなんだろう。

 

関ジャニ∞のメンバーはマルちゃんにどんだけ救われ

大倉くんがそこで笑ってるだけで安心していられたのだろう

長年苦楽をともにしてきた運命共同体の誰にも踏み込めない絆をちょっとだけ見せてもらえた気がします。

カメラに撮られているというか仕事だという意識はあったと思うのだけど、素の彼らを覗き見している気持ちしかありませんでした。

エイタメ本編で見た彼らも、コメンタリーの彼らもなんて魅力的なんでしょう。

 

わたしはコメンタリーを早く見たかったけどそのためには本編を見てからと思い、その順番で見ました。

しかしコメンタリーを見てから本編でもどっちでも良かったなぁと。

だってどっちも良い関ジャニ∞なんです。

関ジャニ∞の良さが満載なのです。

コメンタリーの空気感だからこそ、ドームの大きなステージの上でキラキラと輝けるんだなぁと。

 

今、コメンタリーの映像を思い出しながらこれを書いてるんですけど自然に顔が綻んでしまいます。

 

細かいツボを語りだしたらきりがないんです。だから細かなことは言いませんけど…

当たり前に食事を共有するのはわかりますがなぜ箸まで交換するんですか?

自分の箸でもらうのじゃダメなんですか?(笑)

大倉くんは普段はあんな意味のないことばかり言ってるんですか?

マルちゃん、野菜避けちゃだめだよ。ちゃんと食べよ。

大倉くん、スープをふたつ食すのはなぜですか?

すばるくん、意外と食べるのね。

亮ちゃん、たらこスパゲティ少なかったね(^^ゞ

安田くんとひなちゃんと横山さんはいつだったらごはんいっぱい食べるの?

横山さんとマルちゃんがイチャついてるとマルちゃんの彼女感をものすごく出してくる大倉くんってなんなの?

大倉くんの挨拶イジリはすばるくんをはじめとするお兄ちゃんたちの愛情が溢れてたね。

お兄ちゃんたちにイジられまくってる大倉くんは可愛さの極地だったね。

 

わたしはこの映像にたくさんの幸せをもらいました。

それと同時にますます関ジャニ∞から抜け出せなくなりそうです。

抜け出すつもりはないですけどね(^^ゞ

 

あー、それにしてもいいもん見せてもらったわ(*´艸`*)

しばらくはコメンタリーを見続けたいと思います♡

 

 

 

 

大倉くんのお誕生日

また今年も5月16日がやってきました。

 

大倉忠義さん、32歳の誕生日おめでとうございます。

今頃は初の主演舞台のお稽古真っ最中かと思います。もちろんその合間をぬって別のお仕事や日曜の野外フェスの練習をしているんでしょうね。

忙しいでしょうけどきっと充実した時間なんだろうなと思います。

 

この間の土曜日、大倉くんと高橋くんでメトロックに出演する意気込みを聞かせてもらいました。

アイドルというのは演技のお仕事でも音楽的なお仕事でも、お笑いのお仕事でもどこかよそから来た人みたいな扱いなんだろうな、とだからこその「ホームでやっても仕方ない」発言だったのだろうと思うわけです。

大倉くんは「ファンの方にも還元できたら」とも言ってました。

フェスでの関ジャニ∞の頑張りは余すことなく見られないかも知れないけれど(関ジャムで放送してくれることは期待しつつも)きっとその時の話はどこかで聞けるだろうし、その経験をしたからこその夏のライブがわたしたちにはあるんだと思うから。

なんかもう、行ってらっしゃいするしかないじゃないですかね!

 

舞台もそう。

大倉くんは舞台が苦手なんじゃないかなと思ったのがSHOCKに出た頃かな?

だから勝手に舞台はやらないんじゃないかとずっと思ってました。

でもどうしてその苦手な舞台にさらには主演だし、ストレートプレイでほぼ二人きりの舞台に出ようと思ったのか…

「いつまでも逃げて経験を重ねないで、ただ苦手と言っているのはイヤだなってずっと思っていました。だからあえて今、僕がやるべきことだと思っています」

と、最近読んだ雑誌のインタビューで言っていました。

さらにはなかなか目標を言ってくれない大倉くんが

「この作品をやり切ることが今の僕の目標です」とも言っているのです。

 

大倉くんてその昔、ライブで座り込んでいることが多くて(^^ゞ 

テレビのお仕事でも率先して喋らないし、見切れてるし。

わたしはその頃それについて盲目でいられたけど今思えばそれがイヤだった人もいたのかなって

お仕事に対して貪欲ではあった印象だけどまだ若かったんだなぁと思い返すことがそこそこあります。

考えて見たらその頃、大倉くんは20歳そこそこでした。

若いからで済まされることではないのかもだけど急激に環境が変化してる頃だったから気持ちが追いつかなかったのもあるのかな?と

「わたしって大倉くんに甘いな」と思いつつそう思うわけです。

 

そしてそれから十年以上が過ぎて思うのは大倉くんも他のメンバーに負けず劣らずいい男になったなと。

特に仕事に対しての取り組み方というのかな?

ずっと大倉くんだけを見てきて自分の中にもこの時の大倉くんは…って思うときはあるんです。

人間だから間違うこともあるんだと思います。

でもそれを無駄にしなかったからこそ今、わたしは大倉くんが関ジャニ∞が大好きだし、彼に最大限の期待をしちゃうわけです。

 

そういえばさっき言ってた雑誌のインタビューで「(付き合うひとは)年上でも年下でも関係なくて」と言っていてわたしはそんなの聞いたの初めてでもうずっと大倉くんて若くて可愛い女の子しか好きじゃないんだろうなと思ってたからびっくりしました。

大人になったのね(おいっ!)

 

この1年、わたしは大倉くんにめちゃくちゃ期待して過ごしたいと思います。

 

大倉忠義さま、32歳のお誕生日おめでとうございます。

実り多い1年になりますように、身体に気をつけて過ごせますように田舎から祈っています。

 

 

 

 

 

あーーーっ!もうっ!

先程どうにかやっとエイタメの本編を見終えました。

元気が出るライブのときのように見るのを躊躇する要素なんて一切なかったのに

むしろ早く見たくてたまらなかったのに今まで引っ張ってしまいました。

本当は一気に見たかったんですけど関ジャムがあったのでちょっと中断しつつ見終えました。

途中、関ジャムで侍唄なんて聞いちゃったから最後の方は涙がポロポロ溢れて困りました^^;

このツアーの東京公演に参加させていただいた時の思いが蘇ってしまいました。

本当にいいライブでしたね。

 

もう何度も言ってるんですけどわたしは大倉忠義史上主義です。

大倉くんがとにかく好きで好きで好きでたまらんのです。

前はね、ライブに行っても大倉くんしか見てなかったです。DVDを見てても大倉くんばかり見てました。

でもね、最近は「あー、皆いい男だなぁ」としみじみ思うことが多くてね。

なんとなくだけど自己主張の強かった20代を経てメンバーが全員30代に突入してグループとしての魅力が突出してきたんだなぁと改めて思うわけです。

男は30代からってよく言いますもんね。

めちゃくちゃいい色気がそれぞれにあるじゃないですか…

本当にどこに出しても胸を張っていられる愛しい男たちです。

 

来週の日曜は初の野外フェス!メトロック東京に出るんですよね。

さっきチラッと関ジャムでリハーサルが映ってましたけどやっぱり胸を張っていってらっしゃい!って言える愛しい男たちです。

 

わたしはもうすぐ大倉くんの舞台があって、それからアルバムが出て、そしてお盆には東京ドームで愛しき男たちとはしゃいでる予定です。

 

初の野外フェス、そしてメンバー3人は舞台をこなしてから、さらにはクロニクルや関ジャムといったレギュラー番組もすごく充実している上でのライブツアー!

期待しかないじゃないですか!

楽しみしかないですよね。

 

関ジャニ∞のファンになってもう久しくなりましたがこんなに色々楽しみなのも久しく感じます。

あー、関ジャニ∞を好きで良かった!

 

そして、今日は大倉忠義くんの31歳最後の日。

明日にはまたお誕生日をお祝いする記事をあげられたらな。

 

では、おやすみなさい。

 

 

 

 

 

横山さんのお誕生日

今日ももう少しで終わってしまいますが

 

横山裕くん 36ちゃいのお誕生日おめでとうございます。

 

横山さんが36歳になるなんて

あの時のわたしはその未来を想像してたんだろうか!

って、どの時だって話なんですけどね。

あの時とは2006年5月9日のことです。わたしが初めて関ジャニ∞のメンバーのお誕生日を心からお祝いした日。

月日が経つのは早いものであれからもう丸11年がすぎ

25歳になったばかりだったはずの横山さんが36歳とか!36歳…

あの時(だからどの時だ)のわたしと同じ年になってしまいました。

あぁ、ときが経つのは早いものですね。

こうやって人は…(以下自粛)

 

わたし、普段は大倉くんの話しかしませんけど横山さんのことすごく好きなんですよ。

横山さんて本当に優しいお兄ちゃんなんだなって思うところがたくさんあるからです。

本人の話からすると気づいているみたいですけど大倉くんとか亮ちゃんとか困ると横山さんを見つめて助けてオーラ出してますよね。

で、ほっとけなくて助けてしまう横山さん。

わたし大好きです。

 

今は絶賛舞台中で忙しい横山さんだと思います。

WSでちらっとそのお姿を見させていただきましたけどやっぱり見たかったと後悔するほど素敵でした。

座長として演者として色々と大変かもしれないけれど頑張れぇっと北関東の片田舎から応援しています。

 

ステキな一年になりますように。