読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cachette

溢れ出したとき用

蜘蛛女のキス

どうも、出戻りです。

やめると書きたくなる、そしてそれに答えるかのように自担にお仕事情報が舞い込む…

前のブログのブロ友さんでツイッターでもお話させてもらってる方々に背中を押してもらえたのでこうして出戻ってきました。

やめてから本当に数日しか経ってないのにすみません。

そして新たに見つけてくださった方、どうぞよろしくお願いします!

 

 

わたしが関ジャニ∞なら大倉くんかな?くらいのとき、心を揺さぶられたのは2006年のシンデレラになりたいの放送日のこと。

放送前に届いた営業メールがきっかけでした。

それ以来、大倉くん一筋のファンになって、その後のお仕事はだいたい見届けてきたつもりです。

舞台はチケットが取れなくて映像化されたものを見ただけですが…

演技のお仕事はインテリジェンスもあったし、蹴鞠師もあったし、必殺仕事人、ヤスコとケンジなどなど…ここに書くにはちゃんと確認してこないとならないくらいたくさんありますね。

 ファンになってから数年は嬉しいことに現場が多くありほぼそれに行くことができました。

大倉くんのソロコンもそのひとつ。

そこで大倉くんは本当に幸せそうにファンの人たちを一人ひとり見つめていた記憶があります。

そして、そのMCかな、最後の挨拶だったかな…作り上げていく過程でどうしても関ジャニ∞のライブみたいになってしまう、関ジャニ∞が僕のいる場所みたいに言っていたと思います。

だから、なのかわからないけれどドラマや映画、ラジオ等ソロのお仕事が増えても関ジャニ∞のために頑張るという意識でお仕事をしているんだと思っていました。

実際にそう言ってたのも知っていたし…

自分の力が伸びればグループとしても成長できるからって

すごく大事なことだと思うしグループのために頑張る大倉くんが頼もしかったのも事実。

けれどここ数年、グループ内で個人個人のものの見方とかがどんどん変化しているようにみえて、わたしはずっともどかしかったの。

大倉くんだけが変わらない気がして。

大倉くんももっと誰に遠慮することなくやりたいことをやったらいいのにって

模索してただけなのかもしれないけどその結果は絶対に関ジャニ∞に悪影響を与えたりしないはずだから。

グループでのお仕事にはその役割があるだろうし任せる部分と請け負う部分は分かれるんだと思います。

事務所の方針もあるだろうし。

それは理解しています。

新年会のときに関ジャニ∞として何もなかったと言ってたけどだからこそもっと大倉くんのアイドルとしての厚みをつけるために貪欲になってほしいと。

お得意な妄想の成れの果てなんですけどね。

 

 

とにかく大倉くんに対してかれこれ重い想いを抱えているわたしに舞い込んできた初主演舞台の一報。

 

うわぁ、本当に?本当に大倉くんが舞台やるの?

だから体質改善するために食事のお勉強してるの?

だから黒髪になったの?

だから大好きなモンハン新作悩んでたの?

演目は蜘蛛女のキス?

二人芝居?

渡辺いっけいさんと?

場所は、え!グローブ座?

チケット取れるの?

よくわかんないけどいく、絶対に見ないといけないからいく!

ところでストレートプレイってなに?(舞台の知識はその程度)ちょっと検索してくる!

色々検索してあれそれ知る…

ちょっと!岡本くんがやってた役なの?うわぁー(男闘呼組はわたしの青春だからなんとなく察する)

ヴァレンティンを演じてる大倉くんは絶対にカッコイイよね!

わたしが望んでた犯罪者の役だし

汗とかが滴った状態で苦悩の表情とかしちゃうのかな?

あー、キケンキケン!あんな小さい箱で見たらわたしが苦悩してあの世いきかも…

舞台ってボイトレとかもするんだよね!

あのステキな声がさらに磨かれちゃうのかな?

あ、大倉くんて役に持っていかれるタイプよね。大丈夫かな?

でもやりきったら今よりもっとカッコよくなるんだろうなー!

例えその後いつものように増量したとしても!

舞台で色んなことを吸収して今よりもっともっと魅力的になった大倉くんに夏のライブで会うの楽しみ!

 

以上が昨日のわたしの心境の変化です(笑)

 

戸惑わなかったと言えば嘘になります。また勝手な思い込みかもしれないけれど、大倉くんは舞台が得意ではなかったはず。

どこかでそんなことを言っていたような気もするし。

しかし、蜘蛛女のキスのHPに載っていたコメントにはいつかストレートプレイに挑戦したかったとあったので本当に嬉しかったです。

 

役者として映像の作品だったけど何役もこなしてきて、今、舞台に立つ意味って計り知れないと思うんです。

本来なら大倉くんには日々笑顔で幸せに過ごしていてほしいわたしですが

演出の鈴木さんにしごかれてたくさん悩んで、共演の渡辺いっけいさんに刺激され色んなものを吸収して一皮も二皮もむけた大倉忠義へと変化してほしいと思います。

そして夏のライブでは心安らぐ場所に戻ってお兄ちゃんたちにたーくさん甘えたらいいと思います。

わたしは大倉くんをこれからもずっとあまーい目でデレデレしながら見届けて行きたいと思っています。

 

どんな理由があったかはわかりません。

でも、大倉くんをこの舞台に抜擢してくださった方には足を向けて眠れないのでどのあたりに住んでいるか教えてくれませんか?(こら)

本当にありがとうございます。

 

大倉くんは全力で取組むと思うので頑張ってとは言いません。

お祝いも舞台が終わってから密かにしたいと思います。ひとりで、嬉し泣きしながら(笑)

どうか、体調だけは万全にして長丁場乗り切れるよう祈っています。

 

そこそこの年数ファンをやっているとファンでいることがあまりにも日常すぎて本当に好きでファンをしているのかわからなくなるときがあります。

もうファンをやめたほうが楽になれるんじゃないかなと思うことも。

最近ファンになった人たちの熱量には到底敵わないし。

チケット争奪戦に参戦しないとならないし。

それでも、今回みたいな期待しかないお仕事が発表されるたび、あー、やっぱりやめられないや。だって好きだもん。となります。

 

 そんな相変わらず大倉くん、大倉くんとキャーキャーしてるしかないわたしですがこれからもそっと見守っていただけたらと思います。

 

 

 それにしても毎日毎日色々情報が解禁されて情報過多です。

通年前半はのんびり資金稼ぎの時期なはずなんですけどね(^^ゞ

嬉しい悲鳴ですね!